Meet our Clinicians

歯科医師紹介
Dr Jack Chen
B.D.Sc
クリニックの代表を務めるジャック・チェン医師は、1994年にクイーンズランド大学歯科学校を卒業。卒業後は公共機関であるクイーンズランド州保健所にて勤務。その後ブリスベンの個人開業歯科での勤務を経て、1999年に現在のDental On Falconerの経営権を取得、現在も同院の歯科医として勤務しています。

台湾で生まれ10代でオーストラリアに移住し、地元The Southport School(TSS)高校を卒業。英語だけでなく、中国語、台湾語を話すことができます。また長年にわたる日本人助手と共に、多くの日本人患者さまをはじめ、あらゆる言語を話す患者さまに寄り添い、精神的な安心を含めた最良の治療を提供しております。

また、新しい治療法や技術を積極的に取り入れ、高い経験を有する歯科医の一人です。特に、歯科インプラントの治療・研究に熱心に取り組んでいます。インプラント治療は年々進化し、過去に治療が困難とされた患者さんに多くの新しい治療オプションを与えています。2007年より、インプラント症例を多く手掛けてきました。

家族を大切に思い、特に二人の娘さんとの時間をとても大切にしています。また、時間が許せば、卓球やゴルフを楽しむこともあります。
Dr Tony Mendoza
B.D.Sc.Hons
トニー・メンドーザ医師は、地元ゴールドコーストの出身で、Aquinas Collegeを卒業後、クイーンズランド大学歯学部へ進学。大学ではFirst Class Honorsを受賞。

卒業後は、約1年ほどクイーンズランド州公立学校歯科保健サービスの専任歯科医として州内各地の農村部や遠隔地に出向き、子供たちの治療に従事。その後、クイーンズランド州医療局に勤務、長年にわたり地域社会への公的歯科医療の提供に貢献してきました。また、先住民を対象とした公的機関、Indigenous Health Servicesでの勤務経験のほか、ゴールドコーストのグリフィス大学歯学部においては、クラウン&ブリッジについての指導を10年間にわたり担当するなど後進の育成にも取り組んできました。

豊富な経験を持つメンドーザ医師は、歯科治療のすべての分野において高い知識を有しますが、特に、インプラント歯科医学に関心を持っています。2012年以降、ゴールドコーストのインプラントスペシャリストとして、複雑修復治療をも行うなど、多数の困難なインプラント・ケースの治療を経験しています。また、国際ジャーナルに多くの文献を寄稿しており、歯周病学、歯科用X線写真、義歯の作成などさまざまな分野で論文を発表するなど、歯科医療の発展にも努めています。

また、メンドーザ医師は日本にも長く住んだことがあり、日本語が堪能で日本の文化にも精通しています。当クリニックには、そんな彼の日本語での治療を求め、多くの日本人患者が治療に訪れています。

体を動かすことが好きで、10代の頃から体を鍛えています。ハイキングやブッシュウォーキングが好きで、時間が許せば、世界中を旅することが趣味で、エキゾチックな目的地を探索するのが大好きです。
Dr Emma Skerman
BOralHHons, GDipDent
2015年より、当クリニックに参加のエマ・スカーマン医師は、グリフィス大学歯学部を首席で卒業。卒業後は、オーストラリア全土で50人に一人しか受けることができないAustralia Goverment Department of Health and Ageing にてインターンシップとして勤務。

インターンシップ期間中は、公立歯科サービスの一般歯科医として勤務し、複数の専門医による指導を経験してきました。インターンシップの修了後は、Queensland Healthの歯科医として、2013年にゴールドコーストに新設された、大学病院にて勤務、口腔ガンなどを患う患者さんのための歯科サービスを提供してきました。

一般歯科全般に精通しており、とても親切で思いやりのある歯科医師です。

現在、当クリニックにて勤務する傍ら、サウスポート地区の公共医としても医療活動を行っています。
趣味はビーチウォーク、ヨガ、音楽鑑賞などです。
Sharyn Taghaode
Dental Hygienist/Therapist
歯科衛生士であり、セラピストでもあるシャロン・タガホディは1979年、歯科セラピストスクールを卒業後、タスマニアとクイーンズランド州において、18歳までの子供を治療する学校歯科サービスに従事。2001年には、クイーンズランド大学及びクイーンズランド工科大学にて歯科衛生士の資格を取得。現在は、歯科セラピストと歯科衛生士の両方として活躍しています。

歯科セラピストとしては、検査、詰め物、乳歯の生え変わり、およびX線等、子供たちに様々な治療を提供する資格を有します。長期間に渡り多くの経験を持ち、子供たちにストレスを与えることなく、安全で専門的な質の高いケアを提供してきました。

歯科衛生士としては、子供に限らず大人も含めたすべての患者さんの口腔衛生の改善について熱心に取り組んでおり、親切丁寧な方法で優れた個別のケアを提供しています。各患者さんのあらゆる文化的背景を尊重し、多文化環境で新しい技術と知識を提供することに熱心に取り組んでいます。

過去には、タイとカンボジアの歯科チームで、歯科治療を受けられない貧しい人々や遠隔地のコミュニティの子供や大人に歯科医療を提供するボランティアにも参加、その活動は現在も継続しています。

旅行が趣味で現在アメリカに住むお孫さんを訪問することを楽しみにしています。
地域社会や幅広い地域社会にボランティア活動を提供しているロータリーの会員です。