予防歯科


定期的なチェックアップ(歯科検診)とクリーニング(歯石除去)

歯や歯茎に潜む問題を早期に発見するためには、定期的な検査が不可欠です。一般的に、6ヶ月に一度は定期的にお口の検査を行うことが推奨されますが、検査が必要とされる頻度は、個人差があります。歯科医は、患者さまの口腔状態や病歴等を考慮した上で、患者さま一人一人に最適な検診時期をお勧め致します。

すべての歯垢や歯石を普段の歯磨きで取り除くことはとても難しく、自分では十分にきれいにしたつもりでも、歯磨きだけではどうしても汚れが残ってしまうものです。

日常のお手入れでは手が届きにくい場所の歯垢や歯石、特に歯茎に近い部分をきれいにするには、専門家によるクリーニングが不可欠です。

デジタルX線

肉眼では見えない問題を発見し、早期に治療を行うための診断ツールがX線(レントゲン)です。肉眼では見つけにくい小さな虫歯や、まだ症状に表れていない問題等を発見し、早期治療に繋げます。

X線では、歯と充填物との間のう蝕や感染症、歯槽骨(歯を支えている骨)量減少や、歯肉疾患を判断するのに有効です。予防歯科では、2-3年ごとにX線撮影を行い、前回との相違点等を含めた診断を行うことが一般的です。

当院ではデジタルX線を採用しております。従来のX線と比べると放射線量は格段に少なく、安心して検査を受けて頂けます。

フッ素トリートメント

定期的なフッ素トリートメントは、歯質を強化し、初期う蝕(虫歯)が始まっている部分の再石灰化(歯のエナメル質の修復)を促します。フッ素トリートメントによる効果を最大限に生かすため、定期健診時のクリーニングの後に行います。

マウスガード

体を接触させる機会の多いスポーツなど、口腔内特に歯への衝撃が強い活動を行う場合には、大人も子供も「マウスガード」と呼ばれる装置を装着することが、強く勧められています。

マウスガードは、薬局やドラッグストアなどでも購入できますが、この場合は大まかなサイズに分かれているだけで、自分にぴったりのものを見つけるのはかなり困難だと思われます。当院では、患者さま個人個人の口腔内にぴったりとフィットし保護力も向上する、カスタムメイドのマウスガードをご案内しております。

また、顎関節症や歯軋りなどでお悩みの方には、睡眠中に装着しても安心なマウスガード(スプリント)をお勧めしております。お気軽にご相談下さい。

歯肉・歯周治療

歯肉炎または歯周病は、歯と歯肉の境目(歯肉溝)が十分に清掃されないことが原因で多くの細菌が停滞し(歯垢の蓄積)、歯肉の辺縁が炎症を起こして赤くなり、腫れて出血したりする症状です。症状が進行すると、歯を支えている顎の骨が痩せて、歯がグラグラになり、重症の場合歯を失う可能性もあります。

当院では定期健診の際に虫歯だけでなく歯周病の検査も行っています。

通常歯周病は、歯科医または歯科衛生士が行う徹底的な掃除及び日々のお手入れによって、改善することが可能です。症状が改善し安定した後も、再発防止のためには、歯科医または歯科衛生士による継続的なケアが必要です。

多くの歯周病は当院にて治療及び経過観察を行いますが、既に重症化している場合などには、スペシャリスト(専門医)へご紹介することもあります。