修復歯科


レジン充填(白い詰め物)

長い間充填物として使用されてきたアマルガムは、人体に安全で非常に丈夫な充填材として知られていますが、現在は使用されることが少なくなってきています。近年は自然な見た目が好まれる傾向にあるため、今日充填物として一般的に使用されているのが、【歯科用コンポジットレジン】と呼ばれる、歯に近い白色の充填材です。

当院では、多くの治療に 歯科用コンポジットレジンを使用していますが、非常に繊細な技術及びに口腔内をできるだけ乾燥させて行う必要があるという、環境面での難しさがあることも事実です。

歯科医が総合的に診断をした結果、歯科用コンポジットレジン以外の充填材を使用する必要があると判断した場合には、あらかじめ患者さまにお伝えしています。

クラウン

クラウンは歯を完全に覆う修復物で、「キャップ」とも呼ばれます。クラウンは、金やセラミック(陶器)、ジルコニア(人工ダイヤモンド)またはこれらの組み合わせを含む、さまざまな材料から作ることができ、丈夫で壊れにくいのが特徴です。
ひび割れしてしまいがちな歯を覆うことにより、強度を増したり保護することが主な目的です。また、神経治療を受けた後の歯など、歯の色や形が変わった時などに、見た目を改善するために、前歯に使用されることも多くあります。

クラウンを作成するまでには、いくつかの段階を経ることが必要とされます。まず、クラウンを装着するために、該当の歯に必要な治療を行います。この時点できちんと治療をしておくことが、クラウンを被せた歯を保持するためにも大変重要です。

次に、歯の形や、周囲の歯との並び方等を再現するために、歯型を取ります。歯型を元に、周りの歯と違和感なく調和するクラウンを歯科技工士が作成し、当院にて装着を行います。
歯型を採ってから装着まで、2-3週間要します。

ブリッジ

ブリッジは、歯の欠損によってできた隙間を、両隣の歯を利用して橋を架けるように補うためのものです。欠損した歯を補う方法としては、後述致します義歯やインプラントもありますが、口腔内の状態や患者さまのご希望により、ブリッジを選択する場合があります。

完成したブリッジは、数本の歯が一つにつながっているような見た目をしています。
基本的に、上記クラウンと同じ方法で製作されます。

総義歯と部分義歯(総入れ歯と部分入れ歯)

義歯(入れ歯)は、歯が欠損している部分を補うための、取り外し可能な装置です。
上顎または下顎すべての歯がない場合にはそれぞれ総義歯が、1本または数本の歯のみが失われている場合は、部分義歯(部分入れ歯)が選択されます。

義歯に使用される一般的な材料は、アクリル(樹脂の一種)または金属とアクリルの組み合わせです。
最近では、部分義歯に、金属の留め金を必要としない柔軟性のある新しい素材(バルプラスト)を選ばれる患者さまも増えています。金属の留め金がないため、見た目・装着感ともに、自然で負担が少ないものとなっています。
しかしバルプラストは、すべての患者さまに使用できるわけではありません。

一部の歯が欠損している場合、補う方法には義歯以外に、インプラントやブリッジ、また歯列矯正によって歯を動かして歯間を閉じるなど、様々な選択肢があります。
お口の中の状態、患者さまのご希望、ご予算等を考慮して、患者さまにとって最良の方法をご提案します。

歯科インプラント

歯科インプラントは、欠損した一本または複数本の歯を補う一つの方法です。歯科インプラントとは「人工歯根」という意味で、顎の骨にチタン製のネジを固定し歯根とします。

「インプラント治療は痛い」という世評とは異なり、痛みが少なく術後の不快感を訴える患者さまはごく稀です。

インプラントの固定が完了した後、上の部分にクラウンを装着します。歯科インプラント治療開始からクラウン装着までには、一般的に6ヶ月前後を要しますが、治療後は本来の歯に限りなく近い自然な見た目と、ご自分の歯と同じような感覚で咀嚼することが可能となります。

尚当院では、人工歯根の固定までをスペシャリスト(専門医)の先生に依頼し、クラウンを当院にて作製、という方法を採っております。